お得なETCカードのご紹介。ETCカードを賢く使ってETCマイレージも貯めればダブルでお得。賢いETCマイレージの貯め方教えます!実はあなたは損してる。

ETCと航空会社の『マイレージ』は、同じなの?違うの?

お財布の中にポイントカード沢山入っていたり、クレジットカードを数枚持っている等、私達の生活の中には沢山のカードが溢れています。
昔は電車などの交通機関を利用する時は切符を使っていましたが、今は殆んど『カード』を使って改札を抜けますよね。
他にも自動車で高速道路を利用する時、料金所でクレジットカードを使って支払いをしたり、ETCカードを利用して通行したりする人もいると思います。
カードを利用するメリットとしては、カードを使う事でポイントが貯まったり、現金を扱う煩わしさから解放される…なんてところでしょうか(笑)

移動手段のどれを理由するのかは人によって違います。
自動車で高速道路を走る機会が多い人なら、ETCを利用して貯まる『マイレージサービス』に申し込みをすると良いと思います。
ETCを利用して高速道路を走り、その利用した金額によってマイレージが貯まります。
もちろん貯まったポイントは高速料金として還元する事が出来るので、頻繁に高速道路を利用する人なら申し込みをして損はないでしょう。
他にも同じようなポイントに、各航空会社のマイレージカードがあります。
頻繁に飛行機に乗る機会のある方なら、マイレージカードを持っていると、飛行機に乗るたびにマイルが貯まるのでお得です。

「マイレージ」と聞くと、航空会社のマイレージカードの方がイメージが強いかもしれませんが、高速道路を利用して貯まるマイレージと飛行機を利用して貯まるマイレージは別モノなんです。
航空会社のマイレージカードは、飛行機を利用した時に貯まるマイレージ以外にも、買い物をしたり提携している施設を利用してもマイルが貯まります。
貯まったポイントは、商品や航空券と言った色々なサービスと交換出来ます。
ですが、高速道路を利用して貯まるマイレージは、高速道路をETCを利用して無線通過した時の金額でしかポイントが付与されません。
ETCカードを利用して買い物をしたとしても、マイレージが貯まることはありません。

同じ名前の『マイレージ』でも、飛行機と自動車では全く違うので、混同しないように注意しましょう!!
もしも自動車の方のマイレージを、キロメートルサービスなんて違う名称にしたら、分かり易いのに(笑)
ちなみに航空会社のマイレージカードは専用のカードが発行されますが、高速道路を利用して貯まるマイレージは専用のカードのようなものはありません。
マイレージサービスを利用するには、自分で申し込みをする必要があるんですが、その時にIDが発行されます。
登録したETCカードに対してポイントが貯まる仕組みになっているので、発行されるIDはキチンと保管しておきましょう♪