お得なETCカードのご紹介。ETCカードを賢く使ってETCマイレージも貯めればダブルでお得。賢いETCマイレージの貯め方教えます!実はあなたは損してる。

ETCマイーレージサービスは自分で申し込みをしないといけないの?

ETCを利用している方も増え、色々な割引特典を有効活用して上手に交通費などを節約している人も多いと思います。
とは言っても、割引の中には実際に利用してみないと分からない物もあると思いますが、割引の中でも良く使われているのが『通勤割引』ではないでしょうか?

この『通勤割引』ですが、通勤時間帯(朝夕)のETCを利用して高速道路を使うと、高速の料金が半額になるという物です。
通勤時間帯の朝6?9時、夕方17?20時に高速道路の出入り口ゲートをETCを利用して通過し、高速道路での走行距離が100キロ以内という条件で、5割引になります。
ですが朝夕の時間帯に、それぞれ最初の1回に限りますから気を付けてください。

ちょっと分かりにくいかもしれませんが、例えば朝の6時に高速道路の入口ゲートをETCを利用して通過したとします。
90キロ程高速道路を走り7時に高速を降ります。
そしてさっきと同じように7時半に高速に入り90キロ走った所で8時半に高速道路を降ります。
すると、どちらも通勤割引の条件を満たしていますが、同じ朝の時間帯で2回走っているので、前半の90キロの分だけが5割引になるんです。
ですが、朝の通勤時間帯に高速道路を90キロ走って、帰りも夕方の通勤時間帯に高速道路を90キロ走った場合は、朝と夕両方とも5割引になります。

ちょっと勘違いしがちですが、通勤割引の時間帯の朝6?9時の3時間の間で乗り降りをしないと適用されない、という事ではありません。
朝の6時過ぎに出口ゲートを通過すると割引になりますし、同じように9時前に入口ゲートを通過しても割引になりますから、思った以上に適用範囲が広いんですよ。
移動する時間帯をちょっと工夫すると、高速の料金が半額になりますから、これは利用しない手はないです!!

ちなみに『ETCマイレージサービス』ですが、これを利用している方は、割引後の料金に対してのポイントが付与されます。
なので、通勤割引を利用しない時の半分のポイントしか付与されないんです。
ETCを利用している方ならマイレージサービスも活用していると思いますが、色々な割引を利用してポイントを貯めれば無料通行分に還元出来ます。
提携しているクレジットカードにもマイレージサービスと言った名称の特典があったりします。
中には「マイレージカード」と呼ばれるようなETCカードもあるそうですが、『ETCマイレージサービス』は自分で申し込みをしないとポイントが付与されません!!
他にも航空会社のマイレージと混同するかたもいると思いますが、別モノなので注意してください。

発行されたETCカードに『マイレージカード』と記載されていたとしても、自分で申し込みをする事で初めてサービスを利用する事が出来ます。
それを知らないで高速道路を利用しているのは、貯まる筈だったポイントを捨てていると同じ事なので、気を付けてくださいね。