お得なETCカードのご紹介。ETCカードを賢く使ってETCマイレージも貯めればダブルでお得。賢いETCマイレージの貯め方教えます!実はあなたは損してる。

ETCカードを複数枚持つにはメリットはあるのか?

持っているクレジットカードを上手く活用し、ポイント還元といった色々な特典を利用して生活を楽しんでいる人は沢山いると思います。
もちろん、ポイントを早く沢山貯めるには、一つのカードで買い物などをするのが一番良い方法だと思います。
携帯電話の料金をクレジットカード引き落としにしている方もいますよね?
でも、理由によっては複数のカードを使い分けた方が、便利だったりする事もあるんですよ。

例えばETC(有料道路料金の自動支払いシステムですよね)でも、ETCカードを作る時にはクレジットカードとの契約が必要になります。
では一人でETCカードを複数持つ『メリット』はあるんでしょうか?

ETCカードは特に制限がないので、一人で何枚でも作る事が出来ます。
そして『このETCカードは、この車でしか使う事が出来ない』という事もありません。
ETCカードを1枚持っていれば、車載器が搭載してある車ならどれでもOKだという事です。
なので、自宅に車が数台あるからといって、車の台数分のETCカードが必要になるわけではありません。
そう考えれば、ETCカードは一人一枚で十分ですよね。

そしてETCカードには『マイレージサービス』というポイント還元サービスもありますが、これもETCカード一枚ごとに申し込みをします。
ETCカード毎にポイントが付与されるので、複数枚カードを思っている場合はポイントが分散されてしまうので、ETCカード一枚で、マイレージを貯めた方が効率的です。
おまけにそれぞれのポイントを合算する事が出来ないので、複数枚持っていてもメリットはないように思います。

でも、ETCカードを複数枚持つ理由も実はあります。
それはETCの各種割引を有効に活用するためでしょう。
各種割引と言っても色々ありますが、例えば通勤割引を2枚のETCカードを使って利用するとします。
この通勤割引は走行距離が100キロ以内という制限があります。
もしもETCカードを2枚持っているなら、100キロ以内のインターで高速道路を一旦降りてからカードを差し替えます。
そしてまた別のETCカードを差して高速に戻れば、トータルで100キロ以上の距離を走ったとしても通勤割引が適用されます。
通勤割引は5割引なので、頻繁に高速道路を100キロ以上走る方にはちょっとした裏技ですよね。
こんな風な裏技を活用する為には、高速道路の距離や走る時間帯、料金を計算した上でETCを利用すると良いでしょう。