お得なETCカードのご紹介。ETCカードを賢く使ってETCマイレージも貯めればダブルでお得。賢いETCマイレージの貯め方教えます!実はあなたは損してる。

危険な運転でETCゲートを通過せずに、断然お得で安全な方法を選びましょう

ETCを搭載していない車でも、高速道路の出入り口に専用のETCゲートがあるのは知っていると思います。
実際にETCを搭載している車に乗っている方なら、ETCゲートの所に『20キロ』と速度制限が表示されている事は知っていますよね。
確かにETCゲートを利用する時は、はノンストップで料金所を通過する事が出来ます。
でも、流石にノンブレーキの状態でゲートに突入…これは危険ですよね(苦笑)
私の乗っている車には、残念ながらETCは搭載していないのですが、「60キロでも通過出来た」「何キロまでだったら抜ける事が出来るのか」等と記録を競いあうような話を聞いた事があります。
でも、これは前に走っていた車が急停車した場合や、何かの原因でゲートが開かなかった時の事を考えると、とても危険です。

他にも、前に走っている車にピッタリとくっつき、ETCゲートのバーが上がったままの状態の時にETCゲートを通過する、なんて話も聞いた事がありませんか?
ですが、実際にこれを経験した方は、前の車と相当近い距離で車を運転していたと思います。
前の車と適度な車間距離を保っている場合、ゲートのバーが一度降りてから再び上に上がります。
ですが余りにも車の距離が近い場合、バーが差がる事が出来ないんです。
此処で勘違いされがちなんですけど、バーが上がりっぱなしの状態でゲートを通過しても、通行料はかかります。
「この車間距離ならバーは降りないかも…」「この速度なら行けるか?」なんて危険な運転はしては駄目です。
「車載器の故障」や「ETCカードが抜けていた」等の理由でゲートが開かない、又は自分の前の車がそのような状態で急停車、なんて事もあり得ます。
前の車と一緒にゲートを抜けたり、規定速度以上の速さでゲートを抜けたからと言って、何も良い事はありません。
安全運転を心掛けてください。

でも「お得にETCを利用したい!!」と思っている方には、マイレージサービスがおススメです。
このETCマイレージサービスは、航空会社が発行しているマイレージカードとは別物です。
ETCを使って有料道路を利用した時だけポイントが貯まり、その溜った分を『無料走行分』として使えます。
このETCマイレージサービスですが、マイレージカードは発行されません。
申し込みをした時に登録したETCカードにポイントが貯まりますが、ETCカードを複数持っている方の場合、カード一枚ごとにマイレージIDが発行されるので、別々に貯まったポイントを合算する事が出来ないんです。
その事を考えた上で、お得にETCを利用して安全運転を心掛けてください。